いたばし検索 いたばしインフォ いたばしコミュニティ いたばしサークル・ボランティア いたばしらいふなBLOG



HOME >> 劇団銅鑼ブログ


[2020-07-30]
『センポ・スギハァラ』稽古場ブログ その1
皆様、こんにちは!
実は、銅鑼の稽古場では『センポ・スギハァラ』の稽古が始まっております。
本日より稽古場ブログを始めたいと思います(^^)!

『センポ・スギハァラ』稽古場ブログ その1(担当しばた)

早速ですが、新人紹介も兼ねて、今年度劇団員補として入団し、
『センポ・スギハァラ』の稽古場付きの(全日程の稽古に参加する)
新人二人、齊藤美香、山口真実に突撃ミニインタビューをしてみました!

聞き手(しばた):初日から三日間、稽古に参加しての印象や感想は
どうですか?

真実:ただただ私も役者として参加したいという気持ちが強くて、
だから台本を読んでいて、「ここ、私だったらどうするかな?」とか
「私だったらどうやって表現しようかな?」とかいっぱい考えることがあって、
「先輩方もここはどう思ってるのかな?」って…なんかもう、充実してます。

美香:なんか、濃いな〜って。上演時間は二時間と短いですけど、作家の方が
演出をやってるから、特に思い入れもあると思うんですけど、この一ページ
進むのに止め止めでやるのは細かいな〜って。劇団の本読みを見るのは初めてなので、
こういう本読みもあるんだなあって。

(中略)

聞き手:最後にお客様に一言お願いします!もし『センポ・スギハァラ』の見所等あれば。

美香:若い人から見たら、取っつきにくいかもしれないんですけど、蓋を開けたら、
すごい入り込みやすい作品ではあると思います。だから、そんな難しい意識じゃなくて、
こうドキュメンタリー番組を見てるくらいの気持ちで観てもらえたら入りやすいかなって。
すごい面白いし、展開も速いし。時代は昔のお話ではありますけど、今と変わらない、
家族関係だったり、置かれてる環境は違うかもしれない…命が危ないとか、死が隣り合わせ…
とかは違うかもしれないけど、家族の関係とか、誰かを大事にしたいとか、誰かのために
頑張りたいみたいな、そういうのは、今の若い私たち世代が観てもうるっと来る。
「お母さん、いいなあ」みたいなのはあると思うから、是非年配の方だけじゃなくて、
もう少し下の若い人たちにも観てほしい作品ではあります。

聞き手:取っつきにくいというのは内容とかタイトルとか?

美香:銅鑼のような伝統のある劇団がやる、実在する人物を題材にする作品は
難しそうだなっていう印象があって。私も台本もらった時は難しいって思ったんですけど、
ちゃんと見てみたらすごい見やすいし、面白いなと思える作品だし、それを目指して
創っていくんだろうなと思うので、安心してお客様に観に来ていただければと。
若い人たちが観に来るんだったら、全然心配しないで〜って。

真実:学校で歴史とかすごい好きだったら、杉原千畝って一回だけでも絶対聞いたことが
あると思うんですよ。だから、「杉原千畝ってこんな人物だったんだっていうのを、
教科書上とかじゃなくて、改めて強く浸透できるんじゃないかな、この劇で。」って
すごい思ってて。だから、年配の方だけじゃなくて、本当に若い人たちにも観てほしい
作品だと思うし、今の状況だからこそ、こんな助け合いが実際にあったっていうことを
感じた上で、今の状況をどう生きるか考えてほしいなと思ってます。

聞き手:ありがとうございました!

このミニインタビューを通して新人二人から熱いエネルギーをもらいました☆
このエネルギーを稽古に生かしていきたいと思います!!
posted at 13:53:45 on 2020-07-30 by Dora - Category: 一般


●コメント

No comments yet


●コメントを書いてください。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。



« prev   2020-08   next »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      


今日
アーカイブ


すべて
newcat1
一般
Powered by
Powered by Nucleus CMS